不動産購入

不動産購入で知っておきたい、中古の戸建がマンションよりお得な理由

不動産購入をお考えの方で、マンションにしようか?中古戸建にしようか?なんて迷いますよね。

今日は中古戸建がお得な理由を説明します。

まず、木造中古戸建の耐用年数というものが存在しまして、耐用年数とは簡単に言うと、減価償却資産が利用に耐えうる年数です。

これがウソみたいなお話ですが、20年(22年で計算する場合もあり)で設定されております。

日本の木造住宅が20年ぐらいしか持たないなんてありえない話なんですが、それでも不動産の価値としては、売却査定の際にだいたい上記のような計算で算出することが多いです。

最近はあまりにも耐用年数が短いので、見直す動きもボチボチでておりますが、ほとんど市場に出回っている木造の中古戸建は築20年ぐらいすると、まだまだ使えるのにかかわらず、土地値で売っているというのが事実です(もちろん、リフォームなどしていれば、その分はお値段にのっかっていることが多いです)。

いかがですか?中古戸建がお得な理由がわかっていただけたでしょうか。

ぜひ、不動産購入の参考にしてください。

ブログ不動産関連記事をもっと見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます