不動産購入

不動産売却

不動産の住み替えは売りが先?購入が先?

自宅を買い換える場合、住んでいる家を売却するのが先か、それとも新しい家を購入するのが先かは、売主さんの事情などによってケースバイケースです。パターンは大きく3つに分かれますね。

  • ・売りを先行させるパターン
  • ・買いを先行させるパターン
  • ・売りと買いを同時進行させるパターン

実際にはこの「売る」と「買う」のタイミングがなかなか難しく、例えば新たに土地を購入して建てる場合などは、建売とちがって設計や建築の期間を6か月程度は見なければならないので、できれば買いを先行させたいところです。特に良い土地(理想に近い土地)を見つけるのは、不動産購入で一番ハードルが高いです。

ところが、新しい家や土地・マンションを先に購入してしまうと、急いで現在の家を売らなければならないというリスクが生まれます。そうなると、どうしても売却価格を相場より安めに設定する必要が生まれます。「理想の家に住み替えられるなら、多少のことは目をつぶる」という心づもりが必要になってくるでしょう。また、他に同時進行というやり方があります。この場合、理想の家が見つかる可能性と、買主が見つかる可能性の両方を期待できるので、気持ちの上では無理がないかも知れません。

「売却」を先にすると、資金繰りの心配がない

「まず自宅を売りに出して、売却価格がはっきりしてから新居を探したい」と考えるのは、とても堅実です。自宅の住宅ローンが残っている場合なども、売り先行となるケースがほとんどですね。

しかし、売りを先行させた場合のデメリットは、自宅の引き渡しと住宅購入のタイミングが合わなければ、仮住まいをしなければなりません。引っ越し代・敷金・礼金・仲介手数料・家賃など、もろもろを合わせると100万円以上の出費になる可能性があり、新居の購入費用がその分マイナスになります。 さらに、犬や猫などのペットを飼っているご家庭は仮住まいで住める場所もかなり制限されますし、仮住まいをOKしてくれる物件も少ないでしょう。理想の物件をゆっくり探せないのはマイナスですね。

購入を先にすると、理想に近い物件に住み替えが出来る

「先に理想の新居を見つけてから、自宅を売却したい」というのは、理想の住まいをゆっくり探せるのが最大のメリットです。また、空室にしてからの売却の方が、売れやすいというのはありますし、いい値で売れる可能性が高いです。ただい、最大のデメリットは何といっても、今現在お住いの住宅ローンと次の購入物件の住宅ローンが重なります。お借り入れも売却分の残債を考えないといけませんの、次に買う物件の住宅ローンのハードルは上がります。ただし、そこは住宅ローンに詳しい不動産会社なら問題ございませんので、相談してみてください。

解決策としては、ゆっくり物件を探せる購入が先の方が、通常の買い替えにはお勧め出来ますね。通常の買い替えと言うのは、ローンの支払いなどに困って買い替える場合とかではないという事です。資金的に多少でもゆとりがあるなら、購入を先にしましょう。買取保証をつけてくれる不動産会社に売却を依頼するのが一番安心出来ますね。詳しくお話が聞きたい場合は、お気軽にご相談下さい。

ブログ不動産関連記事をもっと見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます