不動産購入

勤続年数が短い方、お借り入れ金額を増やしたい方は必見!少ない勤続年数でも、パートの方でも住宅ローンを通す方法!

こんにちは、今この記事を見ている方は勤続年数が少ない方でしょうか?それとも希望の物件があっても、お借入金額が届かない方でしょうか?

そんなあなたにザックリ、住宅ローンが通りやすい金融機関を2社お教えします。

★新生銀行

新生銀行に関しましては、勤続2か月の方でもローンを通してくれる可能性があります(弊社のお客様で実績あり)。

まずは相談してみることをお勧めします。

★フラット35

やはりフラット35は通りやすいです。

物件の審査はなかなかシビアではありますが、人の審査は正直ゆるいと思います。しかも、購入資金が足りなくて希望の物件が買えない方にお勧めしたいのがリレー返済です。ご両親のどちらかから購入者さんへのリレー返済にしますと、例えばお父さんが年金で230万の年収がある場合、その年金収入を合算して計算することが出来ますので、当然お借り入れ出来る額が増えますね(35年可能です)!

また、リレー返済のいいところは、例えば奥様のお父様からご主人さん、その反対にご主人のお父様から奥様へのリレー返済も可能です。

ご主人さんが自営業で赤字決算しているが、奥様はパートをしている。そんな場合でも、ご主人さんのお父様から奥様へのリレー返済で通る可能性も大いにあるわけです。

実際に筆者は何度も上記のような例でも住宅ローンを通してますので、まずはお気軽にご相談下さい(もちろんご希望に添えない場合もありますのでご了承ください)。

あきらめないで!人生は一回しかないです。

夢をかなえましょう!

ブログ不動産関連記事をもっと見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます