不動産購入

一戸建てとマンションのメリット・デメリットを比較してみました

戸建にしようか?マンションにしようか?この記事を読んでいる方はきっと迷ってますよね(笑)?

それでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

*一戸建てのメリット*
・管理費や修繕積立金、駐車場代がかからない
・築年数が経過しても土地部分の価値があるため、資産価値に下げ止まりがある
・管理組合などへの加入義務がない
・独立性が高いので、プライバシー面が優れている
・子供が飛び跳ねるなど、騒音面で神経質になる必要がない
・自由に増築や建て替えができる

*一戸建てのデメリット*
・同じ立地条件だとマンションよりも物件価格が高くなる、もしくは傾向がある
・将来の修繕費を自分で積立しないといけない
・空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面はマンションより劣る
・保温面(気密性)、陽当たり、害虫面などで優位性に劣る場合がある

次に、マンションです。

*マンションのメリット*
・同じ立地条件だと一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある
・将来の修繕計画を自分で考える必要がない
・空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面での優位性は高い
・保温面(気密性)、陽当たり、害虫面などで一戸建てよりも優位性がある場合が多い
・戸建より駅から近くに住める可能性が高い

*マンションのデメリット*
・管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などの負担が必要
・価格の下落は戸建より緩やかだが、下げ止まりがない
・騒音を出したり、出されたりした際に、一戸建てよりも気遣いなどが必要
・管理組合などへの加入義務がある

やはり金銭面で見ると、一戸建ての方がマンションよりも物件価格が高くなってしまう傾向にありますが、管理費や修繕積立金、駐車場代などがかからないのは一戸建ての大きなメリットといえます。仮に毎月3万円の負担金額で、40年で計算すると1440万円ほどの金額になりますので、そのあたりの金額も考え、一概に戸建は高いと決めない事も大切です。もちろん、一戸建ての場合は、将来の修繕費を自分で貯めなければならないので、必ずしも一戸建てのほうが得だと決めつけるのは考えものです。

まとめとしましては、一戸建てとマンションのどちらかを限定せずに、とにかく両方ともたくさん物件を見ることが一番大切です。

その上で家族とその都度、たくさん話し合う事が一番大切になってきます。

ブログ不動産関連記事をもっと見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます